多汗症の解消には漢方薬を使った治療もある

多汗症を改善するための方法には手術や超音波手術などがありますが、その1つに漢方を使った治療方法があります。多汗症を改善したいけど手術は嫌だという方や、多汗症を予防するための方法を探している方には漢方薬をおすすめします。

 

しかし、漢方と1口に言ってもいろいろな種類があります。例えば、防已黄耆湯や桂枝加葛根湯などです。それでは漢方はどこで入手すればいいかというと、漢方を専門に扱っている漢方薬店や漢方薬局、漢方薬を扱っている病院などで手に入ります。

 

漢方を使った治療の利点は、手術をしなくていい点や、入院をしなくていい点、肉体的にも精神的にも体にやさしい点、お金がかからない点などが挙げられます。漢方は体に良いイメージがありますが、気を付けるべき点も存在します。

 

例えば、自分で勝手に判断して漢方を服用することや副作用が出ることがあることなどです。薬店や薬局、病院などの、漢方を入手した場所で説明されたことをきちんと守って服用するようにしてください。また、短い期間ですぐに効果が出るようなものではないので、長期に渡って治療をするという心構えでいてください。

 

漢方薬というのはいろいろな種類があるので、自分の多汗症の症状や自分の体質で服用すべき漢方薬が異なります。例えば、汗が大量に出る方に効き目がある漢方薬もあれば、太っている方に効き目がある漢方薬もあるということです。

 

それに、体全体から汗がでるタイプなのか、局部から汗が出るタイプなのかということでも漢方薬は違います。また、疲れが溜まりやすい方、体が弱い虚弱体質の方もその方の状態に合った漢方薬を服用するように言われるでしょう。